勝浦町で新たな恐竜ができあがっています( *´艸`)

どーも、おはようございます

道の駅スタッフのわっきです(/・ω・)/

7月から地域プロジェクトマネージャーとして

古生物学者の荻野慎諧さんが勝浦町に来ています。

道の駅のイベントや勝浦町の恐竜フェスティバルなど

恐竜関係のイベントでお世話になっているのですが、

9月に入ってから道の駅のお隣にある

人形文化交流館である模型の制作をすると

聞いて何度か見学させてもらいました( ゚Д゚)

勝浦町の住民の方が溶接して

鉄骨を組んでいき

次は少し期間が空いて来てみたら

かなりでき上げっていました( ゚Д゚)

肉付けしていって削って形を整えているみたいです!

次は表面を強化する加工で

ここまでくると形はもうしっかりわかります(*’ω’*)

ちなみにまさかの2体目、3体目の作成も始まっていました( ゚Д゚)

作っている恐竜は勝浦で発掘された小型の獣脚類の骨から

想定されている恐竜だそうです(/・ω・)/

徳島県立博物館のHPに詳細が載っています!

9月の末に見に行くと

もうほぼ完成形になっていて

2体目も肉付けされていました( ゚Д゚)

なかなかこういった制作過程を見る機会も

ないのですごくおもしろいですねー( *´艸`)

近々、お披露目できそうとのことなので

またどこで見れるとかわかればお伝えしたいと思いますー